万一の場面でも冷静に!自然災害の備えがものを言う

震災があった場合に亡くなられた被害者の原因の内際立つものが、火に巻き込まれたのと家具類の下敷きになる圧死でした。無造作に据え付けてあった調度品が倒れて怪我を負ったり亡くなったりする被害を少しでも減らすためには、具体的になにを対策しておけば有益なのかを調べましょう。糧食のストックを意識する事も重要ですが、火気と飲料水も用意できないと口にできませんと言うようでは意味がありません。即座に摂れる災害時用食糧を選び、こつこつ蓄えていくと安心です。買ったそのままで何年も放っておくのではなく、周期的に時折食べる様にして補充すると言う方式がおススメです。罹災した際は新品の防災グッズを利用することはないのです。寧ろ日常からいろいろと研究し、実践して使い勝手等を把握しておくことで、いざと言うシーンでも大慌てせずに済むのです。備えが予めあれば案ずる事はありません。災害対策用品だけでなく経験も持っておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です